2016.06.29(水)

ウェブルートの脅威分析エンジンを次世代ファイアウォール向けに提供(CTC、ウェブルート)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は1月8日、インターネットセキュリティ企業のウェブルート株式会社と販売代理店契約を締結し、ビッグデータを活用した脅威分析エンジンで未知の脅威に対応するウェブルートのクラウドサービス「BrightCloud IP Reputation」の提供を同日より開始したと発表した。BrightCloud IP Reputationは、悪意のあるIPアドレスを特定するクラウドサービス。脅威分析エンジンと連携するアドオンソフトウェアをセキュリティ製品にインストールすることで、攻撃の検知をサポートする。

ウェブルートでは、独自の技術で世界中の約43億個のグローバルIPアドレスを追跡・監視しており、機械学習アルゴリズムを使用して危険性のあるIPアドレスをリスト化している。このリストは1日8万件以上の更新があり、刻々と変化するIPアドレスの危険性を素早く把握する。これによりユーザ企業は、常に最新の情報に基づき脅威の対策を図ることが可能となる。

今回CTCが取り扱いを開始するのは、パロアルトネットワークス社の多機能な次世代ファイアウォール用の「BrightCloud IP Reputation for Palo Alto Networks」と、Splunk社のビッグデータを活用したログ管理ソフトウェアに対応した「BrightCloud IP Reputation for Splunk」の2種類。特にパロアルト向けサービスの提供は、CTCが国内初となる。これらのサービスを利用することで、ファイアウォールやログ管理ソフトウェアで不審なIPアドレスからのアクセスをいち早く検知することが可能になる。CTCでは、今回の2製品も含めて、BrightCloud IP Reputationの設計や構築、保守サービスなどをトータルに提供するとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. 宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

    宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

  3. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

    新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  4. 「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

  5. ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

  6. クラウド型Webフィルタリングサービスの新版、運用負荷軽減など機能強化(ALSI)

  7. パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote)

  8. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  9. 国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を2016年4月より実施(IPA)

  10. 「脆弱性診断士スキルマップ」を作成、魅力ある職業の認知を目指す(OWASP Japan、JNSA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×