2016.09.28(水)

iOS版「Minecraft: Pocket Edition」の続編を騙る偽アプリが海外App Storeにて配信

脆弱性と脅威 脅威動向

Mojangが開発したボクセルベースのサンドボックス『Minecraft(マインクラフト)』。多数のプラットフォームでリリースされ、人気を博している本作ですが、iOS版の『Minecraft: Pocket Edition』の続編を騙る偽アプリが海外App Storeにて配信されていたことが分かりました。

偽アプリのタイトル名は『Minecraft: Pocket Edition 2』。開発者の名前には『The Five Night's at Freddy's』の開発者Scott Cawthon氏と誤認させることが目的なのか、Scott Cawtho"r"nの名前で登録されている他、Mojang ABのクレジットも書かれています。

海外メディアEurogamerの報告によると、偽アプリのApp Storeの概要には『Minecraft』の続編らしきことが書かれており、スクリーンショットも本物が使われていますが、実際のアプリの中身は『Minecraft』と欠片の関係性も無いトップダウンスワイプゲームだったとのこと。一時は北米のApp Storeチャートで4位にランクインしており、相当数の被害者がいると考えられます。Scott Cawtho"r"nを名乗る人物は、この他にも『Five Night at Freddy's - All in One Edition』など、存在しないはずのタイトルをApp Storeで販売しているようです。

偽アプリのストア画面「By Scott Cawtho"r"n」と書かれている
この件についてEurogamerがMojangに問い合わせた所、既に著作権と商標権侵害としてアプリの削除申請を行ったとのこと。筆者が確認した所、午前2時45分頃に『Minecraft: Pocket Edition 2』を含む、Scott Cawtho"r"nの配信タイトルが削除されたことを確認しました。

配信アプリの認定システム有しているApp Store。近年では詐欺まがいのアプリも確認されており、その安全性が脅かされつつあります。今回の偽アプリは国内で配信されることはありませんでしたが、こうした隙を突くアプリに騙されないよう注意する必要がありそうです。

App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現―既に削除済み

《水京》

編集部おすすめの記事

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. あるランサムウェアの開発者と配布者、半年で約94億円を稼ぎ出す(マカフィー)

    あるランサムウェアの開発者と配布者、半年で約94億円を稼ぎ出す(マカフィー)

  2. IoTデバイスの乗っ取りが急増、「root」「admin」の組み合わせは変更を(シマンテック)

    IoTデバイスの乗っ取りが急増、「root」「admin」の組み合わせは変更を(シマンテック)

  3. 複数回のDDoS攻撃により「オーバーウォッチ」のサーバー接続が不安定に(Blizzard Entertainment)

    複数回のDDoS攻撃により「オーバーウォッチ」のサーバー接続が不安定に(Blizzard Entertainment)

  4. 「OpenSSL」がアップデートを公開、重要度「高」の脆弱性も(JVN)

  5. 警察庁が上半期レポート、「Apache Struts 2」「PLC」「IP電話」へのアクセス目立つ(警察庁)

  6. 攻撃者はコストをかけてフィッシングの罠、10代でも10万円以上の高額被害(BBソフトサービス)

  7. 「macOS」「Safari」などに複数の脆弱性、アップデートの適用を呼びかけ(JVN)

  8. Androidアプリ「マネーフォワード」に複数の脆弱性(JVN)

  9. 「ウイルスバスター」に、マルウェアの検出を回避される脆弱性(JVN)

  10. 「Splunk Enterprise」および「Splunk Light」に複数の脆弱性(JVN)

  11. 「OpenSSL」が重要度「高」「中」2件の脆弱性に対応するアップデート(JVN)

  12. 数分で目的を達成する、洗練されたマルウェア攻撃も確認--四半期レポート(ウェブルート)

  13. 「.js」添付ファイルが急増--警察庁が上半期サイバー脅威情勢まとめ(警察庁)

  14. 少人数による攻撃でも深刻な影響を与える「Slow HTTP DoS Attack」を把握(警察庁)

  15. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  16. CMS「Geeklog IVYWE版」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN)

  17. 「Joomla!」の脆弱性を悪用したWebサイト改ざんに注意を呼びかけ(JPCERT/CC)

  18. Microsoft Windows の Secondary Logon サービスにおいて要求ハンドルの取り扱い不備により高い権限で任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  19. Drupal の Coder モジュールにおける遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  20. Windows OSのパッチ適用がユーザに浸透、それ以外のパッチ未適用率は上昇(フレクセラ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×