2016.07.24(日)

iOS版「Minecraft: Pocket Edition」の続編を騙る偽アプリが海外App Storeにて配信

脆弱性と脅威 脅威動向

Mojangが開発したボクセルベースのサンドボックス『Minecraft(マインクラフト)』。多数のプラットフォームでリリースされ、人気を博している本作ですが、iOS版の『Minecraft: Pocket Edition』の続編を騙る偽アプリが海外App Storeにて配信されていたことが分かりました。

偽アプリのタイトル名は『Minecraft: Pocket Edition 2』。開発者の名前には『The Five Night's at Freddy's』の開発者Scott Cawthon氏と誤認させることが目的なのか、Scott Cawtho"r"nの名前で登録されている他、Mojang ABのクレジットも書かれています。

海外メディアEurogamerの報告によると、偽アプリのApp Storeの概要には『Minecraft』の続編らしきことが書かれており、スクリーンショットも本物が使われていますが、実際のアプリの中身は『Minecraft』と欠片の関係性も無いトップダウンスワイプゲームだったとのこと。一時は北米のApp Storeチャートで4位にランクインしており、相当数の被害者がいると考えられます。Scott Cawtho"r"nを名乗る人物は、この他にも『Five Night at Freddy's - All in One Edition』など、存在しないはずのタイトルをApp Storeで販売しているようです。

偽アプリのストア画面「By Scott Cawtho"r"n」と書かれている
この件についてEurogamerがMojangに問い合わせた所、既に著作権と商標権侵害としてアプリの削除申請を行ったとのこと。筆者が確認した所、午前2時45分頃に『Minecraft: Pocket Edition 2』を含む、Scott Cawtho"r"nの配信タイトルが削除されたことを確認しました。

配信アプリの認定システム有しているApp Store。近年では詐欺まがいのアプリも確認されており、その安全性が脅かされつつあります。今回の偽アプリは国内で配信されることはありませんでしたが、こうした隙を突くアプリに騙されないよう注意する必要がありそうです。

App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現―既に削除済み

《水京》

編集部おすすめの記事

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

    位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  3. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

    トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  4. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  5. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  6. 「WAONサービスアプリ」にSSLサーバ証明書検証不備の脆弱性(JVN)

  7. アップルが「iOS」や「OS X」などのセキュリティアップデートを公開(JVN)

  8. OracleがJavaのセキュリティアップデートを公開、至急の適用を(IPA)

  9. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  10. 同業種でも攻撃や感染の数は企業により異なる、その差はリテラシー(ファイア・アイ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×