欧州個人情報保護監察局「我々が規制すべきはスパイウェアのカウボーイ」──それはプライバシーの問題である(The Register)

2016年1月7日(木) 08時30分
このエントリーをはてなブックマークに追加
規制されることなく拡大しているスパイウェア市場は、プライバシーにリスクの増大をもたらすものだと、EU の監査委員が警告している。

「既存の欧州の法律は、密かに行われるモニタリング技術の取引をカバーしていない」と主張する European Data Protection Superisor(EDPS、欧州個人情報保護監察局)の Giovanni Buttarelli は現在、明確な新しいポリシーの策定を求めている。
《翻訳:フリーライター 江添 佳代子》

注目ニュース

icon

FBIが政府の機関としてAP のブランドを偽装するという行為は、同通信社の報道機関としての信憑性を蝕むものだと彼らは主張している。政府の監視行為と関連付けられることで同社の事業が傷つけられているとAPは訴...

icon

その改定には「ゼロデイのエクスプロイトを発見し、それを利用できる侵入ソフトウェア(intrusion software)やコード、および IP 監視プログラムの禁止」が含まれた。その大雑把な言い回しにより研究が冷え込む...

icon

その盗まれた文書は、FBI でさえ Hacking Team のスパイウェアの購入に 70 万ドル(編集部註:約 8 千万円)以上を費やしていたことも示している。すべての購入者たちは現在、間違った選択をしたのではないかと疑...

icon

Equation Group は、おそらく世界で最も洗練されたサイバー攻撃グループの一つだ。彼らは何年間も、常に上位の立場で、他の強力なグループ(StuxnetやFlameのグループ)と関わってきた。なぜなら彼らは早い時期か...

icon

「コンピュータに侵入し、ユーザーを詮索し、『人権』と『我々の独自のセキュリティ』の両方を脅かすために利用できる危険な技術を販売することは、我々が投げうる最も巨大なブーメランになるかもしれない」

icon

毎年毎年、何十万ものマルウェアが発見される中で、些細な発見はそれほど多くの注目を集めることがない。まさに、それこそが「国に支援された攻撃者」の求める結果だろう。

icon

このキーを手に入れたなら、第 2 のテキストメッセージが、目標の携帯電話を完全に乗っ取るソフトウェア――そこには盗聴やなりすまし攻撃を行うものが含まれる――をインストールする。

icon

インドの情報通信省(India's Department of Telecommunications)は、内閣からの要請に応え、「スパイウェア、マルウェア、および盗聴ソフトウェア」がテレコムキットに存在しているかどうかを検査するための研...

特集

RSS

特集・連載

国際アクセスランキング

国際ニュースを対象にした、直近24時間のアクセスランキングです

ピックアップフォト