2016.10.02(日)

ランサムウェア感染被害に備えて定期的なバックアップを呼びかけ(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 IPA(情報処理推進機構)技術本部セキュリティセンターは5日、今月の呼びかけ「ランサムウェア感染被害に備えて定期的なバックアップを」を公開した。

 IPAでは、近年、日本語で表示されるランサムウェアの相談が増えたことから、2015年6月に注意喚起を行った。その後しばらく沈静化したが、10月最終週以降、再び相談件数が増加傾向にあるという。ウイルス感染を目的としたウェブサイトの改ざん、感染を目的としたばら撒きメールが原因と見られる。今月の呼びかけは、IPAに寄せられたランサムウェアに関する相談事例をもとに、その感染経路と対策について紹介している。

 ランサムウェアに端末が感染すると、ファイルが開けなくなってしまうため、個人・組織を問わず、定期的なバックアップ取得が重要な対策になる。基本的に加工や編集が発生しないファイル(写真ファイル・音楽ファイルなど)は光学メディア(DVD-R、BD-Rなど)に、加工や編集が発生するファイルは、USBメモリ、メモリーカード、外付けHDDにバックアップするのがよいとのこと。

 また、バックアップに使用する装置・媒体は、バックアップ時のみパソコンと接続すること、複数用意しバックアップすること、正常に復元できるかを定期的に確認することなども、留意事項となっている。

ランサムウェア対策は、定期バックアップが効果的

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 金融機関の口座データとFinTechサービスをセキュアに連携(日立)

    金融機関の口座データとFinTechサービスをセキュアに連携(日立)

  2. 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券、Office 365の対策に「CAS」を導入(トレンドマイクロ)

    三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券、Office 365の対策に「CAS」を導入(トレンドマイクロ)

  3. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  4. 世界初のアルゴリズムで安全性評価が可能な匿名加工情報作成ツールを開発(KDDI研究所)

  5. サーバ、ネットワーク機器のログを収集・分析、レポートする月額サービス(NECネクサソリューションズ)

  6. 一連のサイバー攻撃、内部犯行対策を実現する国産EDRソリューション(ソリトンシステムズ)

  7. 「どんちゃんねぶた」で情報モラルの実施を呼びかけ(ACCS)

  8. ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」の新版、AD連携など強化(デジタルアーツ)

  9. 操作性や機能強化を行った「GUARDIANWALL Cloud Edition」の新版(キヤノンITS)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  11. 横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

  12. 標的型攻撃向けの特化型対策製品が22%で拡大、サービスも7.6%で成長(IDC Japan)

  13. AWS 向け SaaS 型セキュリティサービス Alert Logic 概要と提供価格

  14. 仮想ブラウザとファイル無害化ソリューションを連携、自治体にも有効(アシスト、イーセクター)

  15. 「過去のエンドポイント保護は不要」、機械学習のマルウェア対策Cylance日本法人(Cylance)

  16. サイトの閲覧を制限するPS4向けのWebセキュリティサービスを提供開始(トレンドマイクロ)

  17. 保護者がスマートフォンへの理解を深めるパンフレットを公開、Wi-Fiの危険性やセキュリティ対策についても解説(愛知県)

  18. 大学生・大学院生を対象にした無償のサイバーセキュリティ体験講座を開講(PwCコンサルティング)

  19. ゼロデイ攻撃やランサムウェアにも対応するエンドポイント新製品(ソフォス)

  20. 社内のファイル管理に特化した「FinalCode」の機能限定版を提供開始(デジタルアーツ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×