2016.06.28(火)

Adobe Flash Playerの脆弱性について注意喚起、アドビは既にアップデートを公開(JPCERT/CC)

脆弱性と脅威 脅威動向

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4日、Adobe Flash Playerの脆弱性について、注意を呼びかけた。アドビがアップデートを公開しているが、この脆弱性を突く攻撃が、すでに発生しているという。

 Adobe Flash Playerには、複数の脆弱性があり、悪用するコンテンツをユーザーに開かせることで、Adobe Flash Playerが不正終了したり、任意のコードが実行されたりする可能性があるという。今回のアップデートにて修正される脆弱性(CVE-2015-8651)を悪用する、限定的な標的型攻撃がアドビにより確認されている。

 対象バージョンは、Adobe Flash Player 20.0.0.228およびそれ以前(Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome)、Adobe Flash Player 20.0.0.235およびそれ以前(Mozilla Firefox、Apple Safariなど)。最新版にバージョンアップすることで脆弱性は解消される。

Adobe Flash Playerの脆弱性を突く攻撃が発生中

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 複数の「ひかり電話ルータ」および「ひかり電話対応機器」に重大な脆弱性(JVN)

    複数の「ひかり電話ルータ」および「ひかり電話対応機器」に重大な脆弱性(JVN)

  2. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  3. WordPress用プラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性(JVN)

    WordPress用プラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性(JVN)

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  5. コレガ製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  6. Apache Commons FileUpload のマルチパートリクエストの処理に起因する DoS の脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  8. 少人数による攻撃でも深刻な影響を与える「Slow HTTP DoS Attack」を把握(警察庁)

  9. 「ntpd」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  10. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×