2016.07.24(日)

Adobe Flash Playerの脆弱性について注意喚起、アドビは既にアップデートを公開(JPCERT/CC)

脆弱性と脅威 脅威動向

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4日、Adobe Flash Playerの脆弱性について、注意を呼びかけた。アドビがアップデートを公開しているが、この脆弱性を突く攻撃が、すでに発生しているという。

 Adobe Flash Playerには、複数の脆弱性があり、悪用するコンテンツをユーザーに開かせることで、Adobe Flash Playerが不正終了したり、任意のコードが実行されたりする可能性があるという。今回のアップデートにて修正される脆弱性(CVE-2015-8651)を悪用する、限定的な標的型攻撃がアドビにより確認されている。

 対象バージョンは、Adobe Flash Player 20.0.0.228およびそれ以前(Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome)、Adobe Flash Player 20.0.0.235およびそれ以前(Mozilla Firefox、Apple Safariなど)。最新版にバージョンアップすることで脆弱性は解消される。

Adobe Flash Playerの脆弱性を突く攻撃が発生中

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

    トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  3. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

    「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  4. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  5. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  6. アップルが「iOS」や「OS X」などのセキュリティアップデートを公開(JVN)

  7. ホームシアターなどのメディアプレイヤー「OpenELEC」に脆弱性(JVN)

  8. 「WAONサービスアプリ」にSSLサーバ証明書検証不備の脆弱性(JVN)

  9. OracleがJavaのセキュリティアップデートを公開、至急の適用を(IPA)

  10. SIE吉田修平氏のTwitterアカウントが乗っ取り被害、犯人は脆弱なセキュリティがもたらす危険性を警告

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×