Joomla! における、PHP の既知の脆弱性および MySQL の仕様に起因する任意のコード実行の脆弱性

2015年12月28日(月) 08時45分
このエントリーをはてなブックマークに追加
◆概要
2015 年 12 月 14 日に、世界的に利用されている CMS である Joomla! にお
いて、セッション値処理の不備を利用して遠隔から任意のコードが実行されて
しまうゼロデイ脆弱性が報告されました。攻撃者により、意図していない動作
を実行されてしまう可能性があるため、早急に対処することを推奨します。
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

注目ニュース

icon

PHP において multipart/form-data ヘッダをパースする main/rfc1867.c のmultipart_buffer_headers 関数には、細工された multipart/form-data リクエストを処理する際に CPU リソースを過度に消費してしまう脆...

icon

オープンソースの検索エンジンソフトウェアである Elasticsearch に、Snapshot API を介して任意のファイルが閲覧されてしまう脆弱性が報告されています。

icon

Apple 社の OS である OS X を構成する API の不備を利用することにより、認証を回避し権限昇格されてしまう脆弱性が報告されています。

icon

Apple 社のスクリプトエディタにある不備を利用して、遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性が報告されています。利用者はアップデートにより当該脆弱性に対処することを推奨します。

icon

Apple 社の OS X Yosemite の XNU カーネルには、ポインタを正しくチェックしないため、権限昇格されてしまう脆弱性が存在することが報告されています。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト