サイバーセキュリティ技術者を養成するアカデミーを来春に開設(DNP)

2015年12月28日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイバーセキュリティ技術者を養成するアカデミーを来春に開設(DNP)の画像
サイバーセキュリティ技術者を養成するアカデミーを来春に開設(DNP)
大日本印刷株式会社(DNP)は12月25日、標的型サイバー攻撃への対策要員を養成するアカデミーを2016年3月に開設すると発表した。侵入前提のセキュリティ対策においては、侵入を検知し被害を極小化、短時間でシステムを復旧させることが重要であり、侵入後の迅速で適切な対処を取ることのできる人材が不可欠となる。同社では、標的型サイバー攻撃から企業のネットワークおよび機密情報を守るためのセキュリティ人材を訓練し養成するシステム「TAME Range」を2015年9月から国内で販売しているが、このシステムを用いて体験型実践演習によるサイバー攻撃対策要員を養成するアカデミーを開設する。受講料は1名5日間で70万円を予定している。

同アカデミーでは、世界トップレベルのサイバーセキュリティ技術を持つIAI(イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ)の訓練システム「TAME Range」を用いて、日々進化するサイバー攻撃への対応をハンズオンで学習することで、未知の攻撃にも対応できるスキルを修得するというもの。さらに、DNPがIDC(Internet Data Center)の運営や3-D Secureの運用で培ってきたノウハウに、クレジットカード業界のセキュリティ基準PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)を満たしてきた知見を加え、現実に起きうるさまざまな脅威に対抗するサイバーセキュリティ技術者を養成する。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
Android向けクラッキング対策ソフトにインテルAtom対応版(DNPハイパーテック)

DNPハイパーテックは、インテルAtomプロセッサー搭載Android端末に対応したクラッキング対策ソフト「CrackProof for Android」を開発、11月1日より提供を開始する。

icon
ユーザー自身が個人情報の提供先を管理できるサービスを発表(DNP)

 大日本印刷(DNP)は10日、生活者自身が自分の個人情報の提供先を管理できる「VRM(Vendor Relationship Management:ベンダー関係管理)」事業を、2016年4月より提供開始することを発表した。サイブリッジと協...

icon
情報セキュリティのリーダーを育成する訓練システムを提供開始へ(DNP)

DNPは、標的型サイバー攻撃から企業のネットワークを守るための情報セキュリティ部門リーダーを育成する訓練システム「TAMETM Range」の本格販売を9月1日より開始する。

icon
人事と入退室管理を中継、扉ごとに通過可否を自動設定するシステムを開発(DNP)

DNPは、社員の入室権限を適正に管理することで、内部不正を未然に防止するシステムを開発したと発表した。

icon
POSやATMにも有効な標的型攻撃対策ソフトウェアを発売(DNP、IWI、パロアルトネットワークス)

DNPは、パロアルトネットワークスと販売代理店契約を締結し、同社の標的型攻撃対策ソフトウェア「アドバンスト エンドポイント プロテクション Traps」の販売を開始した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト