2016.07.28(木)

サイバーセキュリティ技術者を養成するアカデミーを来春に開設(DNP)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

大日本印刷株式会社(DNP)は12月25日、標的型サイバー攻撃への対策要員を養成するアカデミーを2016年3月に開設すると発表した。侵入前提のセキュリティ対策においては、侵入を検知し被害を極小化、短時間でシステムを復旧させることが重要であり、侵入後の迅速で適切な対処を取ることのできる人材が不可欠となる。同社では、標的型サイバー攻撃から企業のネットワークおよび機密情報を守るためのセキュリティ人材を訓練し養成するシステム「TAME Range」を2015年9月から国内で販売しているが、このシステムを用いて体験型実践演習によるサイバー攻撃対策要員を養成するアカデミーを開設する。受講料は1名5日間で70万円を予定している。

同アカデミーでは、世界トップレベルのサイバーセキュリティ技術を持つIAI(イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ)の訓練システム「TAME Range」を用いて、日々進化するサイバー攻撃への対応をハンズオンで学習することで、未知の攻撃にも対応できるスキルを修得するというもの。さらに、DNPがIDC(Internet Data Center)の運営や3-D Secureの運用で培ってきたノウハウに、クレジットカード業界のセキュリティ基準PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)を満たしてきた知見を加え、現実に起きうるさまざまな脅威に対抗するサイバーセキュリティ技術者を養成する。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「DDI」と「秘文」の連携でマルウェア感染拡大を防止(日立ソリューションズ、トレンドマイクロ)

    「DDI」と「秘文」の連携でマルウェア感染拡大を防止(日立ソリューションズ、トレンドマイクロ)

  2. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

    八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  3. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  4. 鉄道施設内に「ポケモンGO」キャラクターが出現しないよう要請書を提出(鉄道事業者23社、一般社団法人社日本地下鉄協会)

  5. 人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

  6. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  7. 立ち入り禁止区域に踏み込む危険性も、「ポケモンGOに関する注意喚起」を発表(総務省、消費者庁)

  8. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  9. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  10. アジア・パシフィックISLAの受賞者を発表、日本人は4名が受賞((ISC)2)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×