2016.06.25(土)

ここ最近流行の「アカウントをご認証ください」という不正メール、じぶん銀行でも確認(フィッシング対策協議会)

脆弱性と脅威 脅威動向

 フィッシング対策協議会は24日、「じぶん銀行」を騙るフィッシングサイト(偽サイト)が存在しているとして、注意を呼びかけた。

 「じぶん銀行」は、KDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資によるネット銀行。同協議会の発表によると、偽サイトは12月24日11時半時点で稼働中とのこと。

 ここ最近流行している、「お客様はアカウントが凍結?休眠されないように、ただちにアカウントをご認証ください」という内容で、偽サイトにアクセスさせる不正メールが出回っている模様。メールタイトルは「じぶん銀行より大切なお知らせです」「じぶん銀行本人認証サービス」「重要なお知らせ」「本人認証サービス」など。

 過去には同じ手口で、住信SBIネット銀行・横浜銀行・セブン銀行・イオン銀行・千葉銀行などを標的としたメールが出回っている。

 なお誘導するサイトのURLは複数あり、「http://bk02.jibunbank.co.jp.●●●●.gift/」「http://www.hostwith.●●●●.uk/css/」「http://www.●●●●.cn/js/」といったさまざまなドメインが使われている。

 同協議会は、このようなフィッシングサイトで、ユーザーID、ログインパスワードなどを絶対に入力しないように注意を呼びかけている。

じぶん銀行も標的に……「アカウントが凍結?休眠」スパム

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  2. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  3. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

    Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  4. コレガ製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  5. アーカイブソフト「libarchive」に任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  6. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  7. Microsoft Internet Explorer の mshtml.dll に起因する解放済みメモリ使用の脆弱性(Scan Tech Report)

  8. 「Apache Struts 2」の脆弱性への攻撃増加、および被害を確認(ラック)

  9. MDMツールで使用される「SCEP」の実装に、なりすましが可能な問題(JVN)

  10. トレンドマイクロ「Deep Discovery Inspector」にコード実行の脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×