2016.07.24(日)

スター・ウォーズ新作公開にちなみ2016年のエンタープライズモバイル予測(モバイルアイアン・ジャパン)

脆弱性と脅威 脅威動向

モバイルアイアン・ジャパンは12月24日、スター・ウォーズの新エピソードが公開されたことにちなんで、2016年のエンタープライズモバイル予測を発表した。「モバイルフォース」が覚醒した今、それに伴うITディスラプション(ITによる既存モデルの破壊)によってさまざまな摩擦が生じ、2016年は戦いに満ちた年となるとしている。

たとえば、Windows 10の登場をきっかけに、組織はエンタープライズモバイル管理(EMM)ソリューションを導入し、次世代のラップトップやデスクトップのセキュリティを確保できるようになると予測。しかしこれが既存のデスクトップ運用の混乱を招き、「反乱軍」であるモバイルと、「権力者」であるデスクトップチームの間に技術面や予算面、また組織的に摩擦が生じるとしている。同様に、映画の主役のアイデンティティ(ID)がジェダイとシスのどちらに傾くのかを、ユーザのID情報を取り合うマイクロソフトとGoogleになぞらえている。このほか、OSとハッカーの戦い、IoTにおける発明と惰性の戦い、クラウドの規模と統治権の戦いなどを挙げている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

    トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  3. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

    「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  4. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  5. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  6. Android端末を狙うリダイレクトサイト、4万5千以上確認(Dr.WEB)

  7. アップルが「iOS」や「OS X」などのセキュリティアップデートを公開(JVN)

  8. ホームシアターなどのメディアプレイヤー「OpenELEC」に脆弱性(JVN)

  9. CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC)

  10. 「WAONサービスアプリ」にSSLサーバ証明書検証不備の脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×