悪意のある投稿や、フリーWi-Fiでの金融サービス利用など増加--意識調査(IPA)

2015年12月25日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
悪意のある投稿の経験(黄色:2013年、赤:2014年、青:2015年)の画像
悪意のある投稿の経験(黄色:2013年、赤:2014年、青:2015年)
悪意のある投稿後の心理(黄色:2013年、赤:2014年、青:2015年)の画像
悪意のある投稿後の心理(黄色:2013年、赤:2014年、青:2015年)
SNSでのID(アカウント)のリセット・削除経験の画像
SNSでのID(アカウント)のリセット・削除経験
SNSでID(アカウント)をリセット・削除した理由の画像
SNSでID(アカウント)をリセット・削除した理由
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は12月24日、「2015年度情報セキュリティに対する意識調査」の結果を発表した。同調査は、2005年から毎年PCおよびスマートデバイス利用者を対象に、情報セキュリティ対策の実施状況、情報発信に際しての意識、法令遵守に関する意識について実施したアンケート調査を集計しているもので、今回で14回目となる。今回の有効回答数はPC、スマートデバイスともに5,000人。

調査結果によると、インターネットにPCで投稿経験がある人のうち、悪意の投稿経験があるのは24.7%と前回から約3%増加した。その主な理由は「いらいらしたから(前年比5.3%増)」「相手に仕返しするため(同5.4%増)」であり、投稿後は「気が済んだ、すっとした(同2.9%増)」などと省みない傾向が増加した。その一方で「やらなければよかったと後悔した」も2.9%増加しているが、全体の割合は12.1%に過ぎなかった。

スマートデバイス利用者の「SNSのID(アカウント)をリセット・削除した経験」の有無では、さまざまなサービスで約2割が経験があり、その理由には少数ながら「悪質なユーザに粘着(ネットストーキング)されたため(8.0%)」「IDをハッキングされてサービスを利用できなくなったため(5.7%)」という回答もあった。また、フリーWi-Fiを、金銭のやり取り等が生じる「ネットショッピングやネットオークションでの買い物(32.4%)」「インターネットバンキングやオンライントレード等の金融関連サービス(11.3%)」に利用していることも明らかになった。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
最新版以外のIEがサポート対象外になるまで1カ月を切る、移行を呼びかけ(IPA)

IPAは、マイクロソフトが提供するWebブラウザ「IE」のサポートポリシー変更について注意喚起を発表した。マイクロソフトは2016年1月12日(日本時間)より、IEのサポートポリシーを変更、サポート対象が「各 Windo...

icon
特定の組織からの注文連絡に見せかけた「ばらまき型メール」によるサイバー攻撃が増加(IPA)

 情報処理推進機構(IPA)は28日、特定の組織からの注文連絡などに見せかけた「ばらまき型メール」によるサイバー攻撃が、再度増加しているとして注意を呼びかけた。

icon
海外のSNSからの友達リクエストを承認するとGoogleの連絡先に招待メールを勝手に送信(IPA)

 情報処理推進機構(IPA)は28日、「海外のSNSからの友達リクエストを承認した結果、他の友人に対して、自分名義の招待メールが勝手に送信された」という相談が急増しているとして注意を呼びかけた。

icon
アプリの開発・実行環境の脆弱性に注意--四半期レポート(IPA)

IPAおよびJPCERT/CCは、2015年第3四半期における「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出受付状況」を発表した。

icon
実際に業務で使用したメールを詐称メールに再加工したケースも確認(IPA)

IPAは、「サイバーレスキュー隊:J-CRAT」の2015年度上半期(4月~9月)の活動状況を公開した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト