2016.08.28(日)

ランサムウェアへの感染を狙う攻撃が引き続き継続、注意を呼びかけ(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は12月22日、ランサムウェアへの感染を狙った攻撃が12月に入っても引き続き行われていることをTokyo SOCにおいて確認しているとして、注意を呼びかけている。攻撃経路としては、これまで同様にWebを使ったドライブ・バイ・ダウンロード攻撃のほか、不正なファイルが添付されたメールによる攻撃も日本国内で確認されたという。メールによる攻撃では、添付された不正なJavaScriptを実行したり、Microsoft Wordファイル内の不正なマクロを実行すると、外部からマルウェア(ランサムウェア)がダウンロードされる。

ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃では、攻撃ツール(Angler Exploit Kit)が2015年12月に公表されたAdobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2015-8446)に新たに対応・悪用しているとの情報が確認されている。Tokyo SOCの検知状況では、12月7日の週にはこの攻撃の発生件数(Angler Exploit Kit を使う攻撃サーバーへの誘導件数)が数件程度まで著しく減少していたが、12月14日の週には増加に転じている。攻撃サーバへの誘導手法としては、日本国内のものも含むWebサイトが改ざんされ、そのページを閲覧した結果、不正なスクリプトが読み込まれ、バックグラウンドで攻撃サーバに誘導される事例を複数観測しているという。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. ジャパンネット銀行および福岡銀行を騙るメールに注意、本文には「貴様」(フィッシング対策協議会)

    ジャパンネット銀行および福岡銀行を騙るメールに注意、本文には「貴様」(フィッシング対策協議会)

  2. PC版の「LINE」の自動アップデート機能に脆弱性、再インストールを呼びかけ(JVN)

    PC版の「LINE」の自動アップデート機能に脆弱性、再インストールを呼びかけ(JVN)

  3. 脆弱性の悪用でWebサイトを攻撃の踏み台に…、減らない現状に注意を呼びかけ(JPCERT/CC)

    脆弱性の悪用でWebサイトを攻撃の踏み台に…、減らない現状に注意を呼びかけ(JPCERT/CC)

  4. 「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  5. 違和感のないサイバー攻撃メールにするため使われる単語(IPA)

  6. 「夜フクロウ」にDoSの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  7. ブラジルを送信元とするパケットが増加--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  8. 「シンプルチャット」にXSSの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  9. Drupal の RESTWS モジュールにおける遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  10. CMS「Geeklog IVYWE版」にXSSの脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JVN)

  11. 大手企業名を騙ったヤミ金融業者サイトを初めて検知、手法模索の結果か(BBソフトサービス)

  12. マルウェアもインフラも一度きり、極めて高度な犯罪グループを発見(カスペルスキー)

  13. ヘルプデスク向けチケット管理アプリケーションに複数の脆弱性(JVN)

  14. 勝手にGoogle Playアプリを購入し、インストールするトロイの木馬を確認(Dr.WEB)

  15. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  16. 複数のWebブラウザに機微な情報が漏えいする脆弱性(JVN)

  17. 複数の「D-Link」ルータ製品に重大な脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  18. 復活した「Locky」の標的は日本?! ランサムウェア最新情報まとめ

  19. Apache Commons FileUpload のマルチパートリクエストの処理に起因する DoS の脆弱性(Scan Tech Report)

  20. 非公式ファンメイドゲーム「Pokemon Uranium」が公開停止、再アップロード先のダウンロードリンクの安全性は保証できず

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×