2016.06.25(土)

ランサムウェアへの感染を狙う攻撃が引き続き継続、注意を呼びかけ(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は12月22日、ランサムウェアへの感染を狙った攻撃が12月に入っても引き続き行われていることをTokyo SOCにおいて確認しているとして、注意を呼びかけている。攻撃経路としては、これまで同様にWebを使ったドライブ・バイ・ダウンロード攻撃のほか、不正なファイルが添付されたメールによる攻撃も日本国内で確認されたという。メールによる攻撃では、添付された不正なJavaScriptを実行したり、Microsoft Wordファイル内の不正なマクロを実行すると、外部からマルウェア(ランサムウェア)がダウンロードされる。

ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃では、攻撃ツール(Angler Exploit Kit)が2015年12月に公表されたAdobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2015-8446)に新たに対応・悪用しているとの情報が確認されている。Tokyo SOCの検知状況では、12月7日の週にはこの攻撃の発生件数(Angler Exploit Kit を使う攻撃サーバーへの誘導件数)が数件程度まで著しく減少していたが、12月14日の週には増加に転じている。攻撃サーバへの誘導手法としては、日本国内のものも含むWebサイトが改ざんされ、そのページを閲覧した結果、不正なスクリプトが読み込まれ、バックグラウンドで攻撃サーバに誘導される事例を複数観測しているという。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  2. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

    Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  4. デル製PCやタブレットのサポート機能が原因で情報漏えいの可能性(JVN)

  5. 「ウイルスが検出されました」と日本語の音声で警告する偽サイトを確認(トレンドマイクロ)

  6. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  7. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  8. クリスマスに便乗した詐欺サイト、今年はお得感の演出でユーザを誘う(BBソフトサービス)

  9. Microsoft Internet Explorer の mshtml.dll に起因する解放済みメモリ使用の脆弱性(Scan Tech Report)

  10. Ubuntu のクラッシュレポート機能 (Apport) により権限昇格されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×