2016.07.26(火)

2016年は物理的な損害をもたらすサイバー攻撃が顕著に--ジュニパーが予測(ジュニパーネットワークス)

脆弱性と脅威 脅威動向

ジュニパーネットワークス株式会社は12月18日、2016年のITトレンド予測について発表した。ITトレンドは、セキュリティ、データセンター・クラウド、サービスプロバイダ・ルーティング、チャネルの4つの視点から予測を行っている。セキュリティでは、「よりいっそう物理的な損害をもたらすサイバー攻撃」として、2016年には、消費者と企業向けのIoTデバイスにおける物理的な損害やビジネスへの大きな混乱がもたらされる状況を目の当たりにするとしている。

また、Black HatやDEF CONといったセキュリティ・カンファレンスでは、自分の携帯電話を持ち込むとハッキングされるというのが定石であるが、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックはこれと似たような危険な状態になるとみている。このほか「第50回スーパーボウルのMVPはセキュアなネットワーク?」「米大統領候補者陣営のPCが再びハッキングの被害に」「国家レベルでの攻撃がアノニマスの新たな基準に」「クラウドへのセキュリティ部隊の配備」を挙げている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 「Android OS 4.1.2以前」にCRIME攻撃を受ける脆弱性(JVN)

    「Android OS 4.1.2以前」にCRIME攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  3. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

    位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  4. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  5. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  6. CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC)

  7. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  8. Javaに複数の脆弱性、早急な修正プログラムの適用を呼びかけ(IPA)

  9. GNU Wget においてファイル名検証不備により任意のファイルがダウンロードさせられてしまう脆弱性

  10. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×