分析基盤やマーケットプレイスを公開、業界のコラボでサイバー攻撃に先手(日本IBM)

2015年12月11日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
分析基盤やマーケットプレイスを公開、業界のコラボでサイバー攻撃に先手(日本IBM)の画像
分析基盤やマーケットプレイスを公開、業界のコラボでサイバー攻撃に先手(日本IBM)
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は12月10日、セキュリティアナリティクスプラットフォーム「IBM Security QRadar」が新たに、同プラットフォームのセキュリティインテリジェンス機能を利用したカスタムアプリケーションを、ユーザ、ビジネス・パートナー、開発者が構築できるようになったを発表した。また、セキュリティコミュニティがIBMのセキュリティテクノロジーに基づいてアプリケーションを作成および共有できるマーケットプレイスとして「IBM Security App Exchange(英語)」を開設する。米IBMによる発表として伝えた。

セキュリティアナリティクスプラットフォームの公開は、高度に組織化されたサイバー犯罪に対抗するため、業界のコラボレーションとイノベーションを促進することを目的としてIBMが今年行った大きな取り組みの第2弾となるもの。同社は今年4月、IBM X-Force Exchangeを通して700TBのセキュリティ脅威データを公開しており、2,000以上の組織が利用している。これらの公開により、業界におけるコラボレーションを深め、組織がデータと専門知識を共有し、サイバー犯罪に先手を打つ考え。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
ランサムウェア「CryptoWall」への感染を狙う攻撃を連日確認(日本IBM)

日本IBMは、Tokyo SOCにおいてランサムウェア「CryptoWall」への感染を狙った攻撃を11月下旬から連日確認しているとして、注意を呼びかけている。

icon
地方自治体向けの各種クラウドサービスを提供するため協業、ITSによる防災・減災も(沖電気工業、日本IBM)

 沖電気工業(OKI)と日本IBMは16日、地方自治体向けに、地方創生分野での各種クラウド・ソリューション・サービスを提供するため、協業することを発表した。クラウド・サービスの運営に加え、地域活性化を実現...

icon
FAX受信通知や企業名を騙るメールを複数検知、30件でマルウェアをDL(日本IBM)

日本IBMは、Tokyo SOCにおいてレンタルオフィスのFAX受信通知を装ったり、実在する企業名およびそれに類似した企業名を騙ったりする不審なメールを日本国内の複数の環境で検知したとして、注意を呼びかけている。

icon
柳条湖事件に関連するサイバー攻撃、昨年と同様に少ない状況(日本IBM)

日本IBM Tokyo SOCは、柳条湖事件が起こった9月18日前後の攻撃動向について発表した。

icon
国土交通省公開の「統合災害情報システムDiMAPS」の構築を支援(日本IBM)

 日本IBMは4日、国土交通省・国土地理院が1日から公開した「統合災害情報システムDiMAPS」の構築を支援したことを発表した。

RSS

特集・連載

経済社会アクセスランキング

ピックアップフォト