2016.07.29(金)

シングルサインオンに対応した「m-FILTER」新バージョンを発表(デジタルアーツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は12月8日、企業・官公庁・自治体向けのゲートウェイ型メールセキュリティ製品「m-FILTER Ver.4.5」を2016年1月下旬より提供開始すると発表した。新バージョンでは、シングルサインオン機能によりユーザの利便性を向上。たとえば、ユーザがADFS(Active Directory Federation Service)や主要グループウェアにログインしていれば、送信ディレイで一時保留したメールを確認するために「m-FILTER」利用者管理画面へアクセスする際にログイン情報の入力が不要になる。

また、Windows、Linuxともに64bit OSに対応した。これにより、広大なメモリ空間のフル活用が可能になる。たとえば、旧バージョンでは複数台の「m-FILTER」サーバが必要だった大規模環境下のアーカイブ処理も、Ver.4.5以降のバージョンでは1台への集約を実現できるケースもあり、コストや管理の負担を大幅に軽減できるとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

    WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

  2. 次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

    次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

  3. IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

    IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

  4. 「CipherCraft/Mail」新バージョン、人間工学に基づき誤送信を防止(NTTソフトウェア)

  5. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  6. メール無害化機能を搭載した「FortiMail」で自治体向けソリューション提供(フォーティネットジャパン)

  7. マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した本人確認ソリューションを提供開始(NTTデータ)

  8. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  9. 「ポケモンGO」先行配信された海外では詐欺、出会い勧誘例も

  10. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×