2016.07.24(日)

Windowsエンドポイント向け次世代振る舞い検知型マルウェア対策製品を発売(Dr.WEB)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は12月2日、エンドポイント向けの次世代振る舞い検知型マルウェア対策の新製品「Dr.Web KATANA(Kills Active Threats And New Attacks)」日本語版を同日より販売開始したと発表した。同製品は、次世代振る舞い検知型テクノロジー「プロセスヒューリスティック」と、ゼロデイ脆弱性の悪用を含む最新の脅威に対してプリベンティブプロテクション(予防的保護)機能を搭載することで従来のアンチウイルス製品の弱点を補完するもの。

システム内のすべてのプロセスを掌握し、悪意のあるプロセスの独特な挙動パターンを検出し、ブロックする。また、起動されたプログラムの挙動を瞬時に解析し、リアルタイムに更新されるDr.Webクラウドの情報と照合し、脅威を検出・駆除する。Shell Guardテクノロジーの搭載により、マルウェアによるブートセクタ、レジストリ、プログラムの起動ルール等のクリティカルなセクターの改ざん・変更をブロックする。対応OSは、32bit版のWindows XP SP2以降、64bit版のWindows Vista以降。価格はオープンプライス。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  3. カメラ前で立ち止まらずに顔認証を実施し不正入場を防止、東京オリンピックでの導入を提案(NEC)

    カメラ前で立ち止まらずに顔認証を実施し不正入場を防止、東京オリンピックでの導入を提案(NEC)

  4. ネットワーク構成図を自動生成、脆弱性による影響範囲なども付加し可視化(富士通システムズ・イースト)

  5. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  6. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  7. 「安否確認サービス」のスマートフォン向け専用アプリを提供開始(サイボウズスタートアップス)

  8. テーマ・プラグインを含む「WordPress」の脆弱性スキャン、当面は無料で提供(ウォルティ)

  9. 運送事業がテロに利用される恐れ、対策を徹底するよう運送事業者に求める(国土交通省、全日本トラック協会)

  10. 米Pulse Secure社の日本法人を設立、SSL-VPNアプライアンスを発売(パルスセキュアジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×