処理速度を大幅に向上したDHCP/DNSアプライアンスの新版、仮想版も提供(ソリトン)

2015年11月20日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
処理速度を大幅に向上したDHCP/DNSアプライアンスの新版、仮想版も提供(ソリトン)の画像
処理速度を大幅に向上したDHCP/DNSアプライアンスの新版、仮想版も提供(ソリトン)
株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は11月19日、DHCP/DNSアプライアンス製品「NetAttest D3 V4.2」を同日より販売開始したと発表した。同製品は、端末数1万台規模のネットワーク環境でも安定的にハイパフォーマンスを発揮するDHCP/DNSアプライアンス。小中規模向けの「D3-SX04-A」(450,000円)と、中大規模向けの「D3-ST52-A」(1,980,000円)の2製品のラインアップとなる。

新バージョンでは、DHCP機能の処理速度を大幅に向上し、スマートフォンなどの無線LAN端末の大規模導入により、DHCP/DNSの安定性と高いパフォーマンスを求める企業のニーズに対応する。中大規模向けモデルでは従来版の約5倍、約2,800リース/秒を実現した。また、管理画面のデザインを刷新し、より直感的な操作を可能とするとともに、従来の日本語・英語に加え、中国語にも対応した。さらに、仮想アプライアンス版も同時に販売する。価格は物理アプライアンスと同額となる。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
「Box」向けの情報漏えい対策ソリューションをサービスとして提供(ソリトン)

ソリトンは、Box社と共同でファイル共有・コラボレーションプラットフォーム「Box」の情報漏えい対策ソリューションをサービス化し、提供開始した。

icon
リモートデスクトップをクラウドサービスとして提供(ソリトンシステムズ)

ソリトンシステムズは、リモートデスクトップサービス「Soliton SecureDesktopサービス」の提供を開始した。

icon
[インタビュー]ソリトンシステムズ 荒木粧子氏に聞く、 「年金機構」以降のサイバー攻撃とマイナンバー対策(後編)

2015年10月にマイナンバーの配布が開始され、2016年1月に本格運用が開始となるマイナンバー制度。マイナンバーを取得した企業や自治体の「安全管理措置」の考え方は、日本年金機構のインシデント以降、内部不正防...

icon
[Black Hat USA 2015] NRIセキュア、ソリトンのEDR技術導入で米国の監視サービスを強化

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は、ラスベガスで開催されている 「Black Hat USA 2015」に出展し、SOCを含めたグローバルに展開しているセキュリティサービスを紹介している。

icon
BYODにも有効なWeb専用のリモートアクセスサービス(ソリトンシステムズ)

ソリトンシステムズは、Webに特化したリモートアクセスサービス「Soliton SecureBrowserサービス」の販売を開始した。

RSS

特集・連載

経済社会アクセスランキング

ピックアップフォト