2016.08.29(月)

セキュアなソフトウェア開発の支援ツール最新版、30日の無料試用版も用意(アスタリスク・リサーチ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社アスタリスク・リサーチは11月18日、セキュアなソフトウェア開発を支援するツールの最新版「SecureAssist 2.5」をリリースし、国内での提供を開始したと発表した。同製品は、米CigitalグループのCodiscope社が開発したもので、ソフトウェア開発者が用いる統合開発環境(IDE)を拡張するツール。開発中のソフトウェアのコードに潜む、脆弱性につながる可能性のある問題箇所を正確に指摘し、具体的な修正案とともに改善を促すスペルチェッカーのような働きをする。

最新バージョンでは、人気上昇中のIDE「IntelliJ IDEA 14」に対応した。また、Eclipseでのソースコードスキャンの最速化や、ライセンスのアクティベーションプロセス改善なども行われている。コストの目安は、20名の開発チームの場合で、ライセンスコストは開発者一人当たり年間4万円程度、年間100万円以内で導入が可能としている。また、30日間の無料試用が可能な機能検証版を提供するとともに、本年末までに導入する企業のためにベーシックサポート(通常ライセンス費用の20%)を特別価格で提供する。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「ポケモンGO」アップデート、不正行為への対策も強化(ナイアンティック)

    「ポケモンGO」アップデート、不正行為への対策も強化(ナイアンティック)

  2. OWASP ZAPを使用した脆弱性診断の手法を説明するセミナーをメニュー化(HASHコンサルティング)

    OWASP ZAPを使用した脆弱性診断の手法を説明するセミナーをメニュー化(HASHコンサルティング)

  3. 組織内CSIRTの構築から運営までを総合的に支援するソリューション(IIJ)

    組織内CSIRTの構築から運営までを総合的に支援するソリューション(IIJ)

  4. 「過去のエンドポイント保護は不要」、機械学習のマルウェア対策Cylance日本法人(Cylance)

  5. 暗号処理にかかるエネルギーを50%以上削減、IoT機器の次世代ネットワークの安全性向上に期待(東北大学、NEC)

  6. ネットワーク“迷宮化”ソリューションにランサムウェア検知・防御機能(アズジェント)

  7. 非認可の不正APや不正デバイスを検知し遮断、Wi-Fiセキュリティセンサーを販売開始(レンジャーシステムズ)

  8. 脅威インテリジェンスをSplunkに統合できるプラグインを提供開始(カスペルスキー)

  9. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  10. イントラネット監視と従業員監視が協業、ハッカーも内部不正も検知(セキュリティフライデー、インターコム)

  11. Linkedinでの情報流出を受け、一部ユーザーにパスワード変更を呼びかけ(Dropbox)

  12. Citizen LabとLookoutから指摘を受けたセキュリティ問題を修正したiOS 9.3.5をリリース(Apple)

  13. 振り込め詐欺や迷惑電話対策の機能を強化したデジタルコードレス電話機を発売(パナソニック)

  14. 台風に備え「避難」や各種災害情報に関する基本を整理

  15. 仮想ブラウザとファイル無害化ソリューションを連携、自治体にも有効(アシスト、イーセクター)

  16. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  17. BCPへの対応力を強化した「三鷹第二データセンター(仮称)」の建設を開始(NTTデータ)

  18. メールセキュリティのクラウドサービスに「メール無害化オプション」追加(IIJ)

  19. 地銀・信金・労金向けに物理とITのセキュリティ管理・教育をワンストップ提供(ALSOK)

  20. 賃貸物件の所有者、入居者の個人情報約19万件がP2Pネットワーク上に流出(リロケーション・ジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×