多層防御を実現する「FortiWeb」製品ファミリーに2製品を追加(フォーティネット)

2015年11月16日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
「FortiWeb-3000E」の画像
「FortiWeb-3000E」
「FortiWeb-4000E」の画像
「FortiWeb-4000E」
フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は11月13日、Webアプリケーションファイアウォール「FortiWeb」製品ファミリーに、新たに「FortiWeb-3000E」と「FortiWeb-4000E」を日本市場に投入したと発表した。FortiWeb製品は、IPレピュテーションサービスをはじめ、レイヤー7を含むDoS攻撃対策、プロトコル検証、攻撃シグネチャ、添付ファイルやコードへの検疫機能、自動学習型ビヘイビア検知エンジンなど、セキュリティ機能を組み合わせることで多層防御を実現、ゼロデイ攻撃の脅威を含むWebアプリケーションへのあらゆる攻撃に対応できる。

「FortiWeb-3000E」および「FortiWeb-4000E」は、ともにRJ45 インタフェースが8バイパス、4 SFP GbE(非バイパス)、10G BASE-SR SFP+インタフェースを4ポート、USBを2ポート、2TB×2のストレージを搭載し、スループットは3000Eが5Gbps、4000Eが20Gbpsとなっている。また、Webアプリケーション脆弱性スキャナを標準搭載するほか、ニーズに応じて「FortiWeb IPレピュテーションサービス」、「FortiWebセキュリティサービス」、「FortiGuardアンチウイルス(マルウェア)サービス」の3つのオプションが選択できる。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
次世代FW「FortiGate」にハイエンドおよびミッドレンジモデルを追加(フォーティネット)

フォーティネットは、ハイエンド向け次世代ファイアウォール「FortiGate-3200D」および、ミッドレンジ向けの「FortiGate-600D」を日本市場に投入したと発表した。

icon
UTM機能を搭載した無線LANアクセスポイントと、クラウドサービスを発表(フォーティネット)

フォーティネットは、クラウド連携型のアクセスポイントにセキュリティ機能を搭載したFortiAP-Sシリーズの新製品「FortiAP-S321C」と、アクセスポイントをクラウドで管理する「FortiCloud AP Network」を日本市場...

icon
世界で被害総額3億ドル以上というランサムウェアを分析(フォーティネットほか)

フォーティネットは、クライムウェア「CRYPTOWALL」を詳細分析したホワイトペーパー「Lucrative Ransomware Attacks: Analysis of the CryptoWall Version 3 Threat(高額の身代金を要求するランサムウェア攻撃:...

icon

Capgemini社は、Fortinet社とのグローバル規模での提携を発表した。

icon
企業向けセキュア無線LANシリーズに5機種の新モデルを追加(フォーティネット)

フォーティネットは、企業向けセキュア無線LANソリューションのラインアップに、新たに5機種の新モデルを追加したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト