「検知・防御・教育」の3つの要素を搭載した「i-FILTER」新バージョン発売(デジタルアーツ)

2015年11月10日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
「i-FILTER」が提案する標的型攻撃への対応サイクルイメージの画像
「i-FILTER」が提案する標的型攻撃への対応サイクルイメージ
デジタルアーツ株式会社は11月9日、企業・官公庁向けWebフィルタリングソフト「i-FILTER」の新バージョンVer.9.3を同日より提供開始したと発表した。新バージョンでは、標的型攻撃対策の「かなめ」となる「検知・防御・教育」の3つの要素を搭載したことで、標的型攻撃への対応サイクルを実現することが可能になったとしている。「検知」機能では、SIEM製品の導入ニーズの高まりから「i-FILTER」との連携ニーズが増えてきていることを踏まえ、「Splunk」を始めとしたSIEM製品との連携を可能にした。

また「防御」機能では、株式会社FFRI、株式会社ラックから提供を受けている脅威情報サイトのデータベース内包による出口対策を実現しているが、新たに国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が提供する、悪性URLのデータベースも内包して提供する。これにより、標的型攻撃対策に有効な出口対策をより強固にし、外部に情報を持ちだそうとする不正な通信を遮断する。

「教育」機能では、標的型攻撃への組織的対策として従業員・職員・児童の情報セキュリティ教育のニーズの高まりを受け、1日1問、初回のインターネットアクセス時に情報セキュリティに関する選択問題を表示し、合格して初めてインターネットアクセスを可能にする新機能「Test Board」を搭載した。このサンプル問題は、日本の企業・団体のITリテラシー・セキュリティ向上と教育の普及に従事している一般財団法人インターネット協会、日本サード・パーティ株式会社、特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会の3団体が提供、ユーザは無料で利用できる。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
標的型攻撃を理解している従業員は半数弱、1/4は「自社は標的にならない」(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、「勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査」の結果を公開した。

icon
「ファイルは漏えいする」観点で暗号化・追跡ソリューションを強化(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、企業・官公庁向けパスワード不要のファイル暗号化・追跡ソリューションの新バージョン「FinalCode」Ver.5を2016年1月11日より発売開始する。

icon
誤送信防止機能を大幅に強化した「m-FILTER MailAdviser」新版を発売(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、メールの誤送信対策ソリューションの新バージョン「m-FILTER MailAdviser」Ver.2.6の発売を開始した。

icon
マイナンバーのセキュリティ対策担当は「総務部門」が半数、懸念も(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、「企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査」の結果を発表した。

icon
誤送信の経験は従業員の64.6%、企業の約6割が誤送信対策ソフトを導入せず(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、「勤務先におけるメール誤送信における実態調査」の結果を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト