2016.07.24(日)

「検知・防御・教育」の3つの要素を搭載した「i-FILTER」新バージョン発売(デジタルアーツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は11月9日、企業・官公庁向けWebフィルタリングソフト「i-FILTER」の新バージョンVer.9.3を同日より提供開始したと発表した。新バージョンでは、標的型攻撃対策の「かなめ」となる「検知・防御・教育」の3つの要素を搭載したことで、標的型攻撃への対応サイクルを実現することが可能になったとしている。「検知」機能では、SIEM製品の導入ニーズの高まりから「i-FILTER」との連携ニーズが増えてきていることを踏まえ、「Splunk」を始めとしたSIEM製品との連携を可能にした。

また「防御」機能では、株式会社FFRI、株式会社ラックから提供を受けている脅威情報サイトのデータベース内包による出口対策を実現しているが、新たに国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が提供する、悪性URLのデータベースも内包して提供する。これにより、標的型攻撃対策に有効な出口対策をより強固にし、外部に情報を持ちだそうとする不正な通信を遮断する。

「教育」機能では、標的型攻撃への組織的対策として従業員・職員・児童の情報セキュリティ教育のニーズの高まりを受け、1日1問、初回のインターネットアクセス時に情報セキュリティに関する選択問題を表示し、合格して初めてインターネットアクセスを可能にする新機能「Test Board」を搭載した。このサンプル問題は、日本の企業・団体のITリテラシー・セキュリティ向上と教育の普及に従事している一般財団法人インターネット協会、日本サード・パーティ株式会社、特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会の3団体が提供、ユーザは無料で利用できる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  4. サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

  5. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  6. ソフトウェア・プロテクション・システム「Hasp4」がクロスプラットフォームに対応(アラジンジャパン)

  7. 国家機関発行の身分証明書や運転免許証等の印刷にも対応するプリンタを発売(HID Global)

  8. スマートフォンやSNSの中学生向け安全教室開催(トレンドマイクロ)

  9. 専任IT管理者がいない中小企業向けに、UTMを中心としたワンストップサービス(リコー)

  10. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×