シグネチャを使わずにマルウェア感染や従業員の不適切な行為を検出(KCCS)

2015年10月30日(金) 01時55分
このエントリーをはてなブックマークに追加
KCCSのセキュリティソリューションの画像
KCCSのセキュリティソリューション
京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は10月28日、英Darktrace社と業務提携し、サイバー脅威対策製品Darktrace「Enterprise Immune System」を同日より提供開始すると発表した。同製品は、シグネチャを必要としない新たなアプローチにより、デバイスやユーザ動作のわずかな変化を検知し、デバイスのマルウェア感染、従業員による不適切な行為など、脅威となる可能性があるイベントを検出する。

通常とは異なる通信パターンを機械学習と数学理論を用いた通信分析で自己学習し、ネットワーク内の異常通信・行動をリアルタイムに自動検知・可視化する。これにより未知のサイバー攻撃への早期対策が可能になり、企業のセキュリティレベルの向上を図る。また、デバイスの種別を問わないため、オフィスの内部サーバ・ネットワーク機器・クライアント端末だけでなく、工場内の各種デバイスなどIoT / M2Mセキュリティ対策にも有効としている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
自治体向けに災害時の通信手段を確保する公衆無線LANシステムの提供を開始(KCCS)

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は20日、観光情報の配信や災害時の通信手段を確保する公衆無線LANシステム「観光・防災Wi-Fiステーション」の提供を開始した。

icon
島根県隠岐郡海士町がケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システムを導入(KCCS)

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は19日、島根県隠岐郡海士町がケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム「ワイヤレスリンク23G」を導入し、3月から稼働していることを発表した。

icon
セキュリティ診断サービスを再構成、新ブランド「SecureOWL」として展開(KCCS)

KCCSは、セキュリティ診断サービスを拡充するとともに、診断サービスをベースとした新ブランド「SecureOWL」を展開すると発表した。

icon
無線のバックアップ回線を確保し、被災時でも地域住民への情報提供が可能に(KCCS)

 京セラコミュニケーションシステム(以下KCCS)は26日、同社のケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム「ワイヤレスリンク23G」を、三重県四日市市のケーブルテレビ局CTYが事業継続計画強化を目的として導...

icon
BYODにも有効なスマートデバイス向けリモートアクセスサービス(KCCS)

KCCSは、ビジネスパーソンのワークスタイル変革を支援する新サービスブランド「BizWalkers+」を立ち上げ、その第1弾としてリモートアクセスサービス「BizWalkers+ Mobile」を5月8日から提供開始すると発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト