2016.07.29(金)

日本発 国際サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE」開会、来場者 600 名超

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

開催第 3 回を迎える日本発の国際サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE」が本日 10 月 28 日 午前 10 時 ベルサール新宿グランドで開会した。

来場者は 600 名オーバーとなり、当初から運営目標としていた 500 名を超えた(2014 年 2 月の第 1 回開催で約 400 名、同 2014 年 12 月の第 2 回開催で約 450 名)。日本国内で開催される有料セキュリティカンファレンスとして記録的来場者数となった。

CODE BLUE は、10 月 28 日、29 日の 2 日間にわたって開催され、当日登録の場合 45,000 円。29 日閉会後はネットワーキングパーティが開催され、国内および海外から訪れた一線の専門家と交流することができる。
《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. サイバー犯罪は経営に直結するリスク、全社横断で対応…発想の転換

    サイバー犯罪は経営に直結するリスク、全社横断で対応…発想の転換

  2. サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

    サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

  3. 東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

    東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

  4. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  5. Security Blue Note 第7回「次回 CODE BLUE で来日する、中国の脆弱性報告エコシステム『WooYun』とは何か」

  6. Internet Week 2014 セキュリティセッション紹介 第5回「CSIRT時代のSOCとのつき合い方」について佐藤功陛氏が語る

  7. プライバシー・バイ・デザイン、プライバシー影響評価(PIA)とは

  8. サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

  9. ゲームを楽しみながらサイバー攻撃対策(シリアスゲームジャム実行委員会)

  10. [RSA Conference 2016 USA] EDR (Endpoint Detection and Response)とは? ~ タニウム社 チーフセキュリティアーキテクトに聞く

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×