2016.06.29(水)

日本発 国際サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE」開会、来場者 600 名超

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

開催第 3 回を迎える日本発の国際サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE」が本日 10 月 28 日 午前 10 時 ベルサール新宿グランドで開会した。

来場者は 600 名オーバーとなり、当初から運営目標としていた 500 名を超えた(2014 年 2 月の第 1 回開催で約 400 名、同 2014 年 12 月の第 2 回開催で約 450 名)。日本国内で開催される有料セキュリティカンファレンスとして記録的来場者数となった。

CODE BLUE は、10 月 28 日、29 日の 2 日間にわたって開催され、当日登録の場合 45,000 円。29 日閉会後はネットワーキングパーティが開催され、国内および海外から訪れた一線の専門家と交流することができる。
《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

    サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

  2. 9月23~25日、セキュリティ・ミニキャンプを広島で開催(IPA)

    9月23~25日、セキュリティ・ミニキャンプを広島で開催(IPA)

  3. 【オフィスセキュリティEXPO】機密書類の溶解処理リサイクルシステムを展示(王子グループ)

    【オフィスセキュリティEXPO】機密書類の溶解処理リサイクルシステムを展示(王子グループ)

  4. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  5. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  6. [RSA Conference 2016 USA] EDR (Endpoint Detection and Response)とは? ~ タニウム社 チーフセキュリティアーキテクトに聞く

  7. 室内で日常生活を送っているときに熱中症になってしまう人が多い、脱水の予防と改善についても解説

  8. 「違法」なSuica事件を「消費者不安」にすりかえる報道に問題提起

  9. 【Interop 2015】標準型サイバー攻撃によるイントラネットへの侵入を前提にしたマルウェア対策(富士通)

  10. CTF開催、SOCオペレータとしてRSA製品を用いインシデントに迫る(EMCジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×