2016.09.26(月)

誤送信防止機能を大幅に強化した「m-FILTER MailAdviser」新版を発売(デジタルアーツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は10月27日、メールの誤送信対策ソリューションの新バージョン「m-FILTER MailAdviser」Ver.2.6を同日より発売開始したと発表した。同製品は、メール送信者がメーラーの送信ボタンを押した直後にポップアップ画面を表示し、送信者自身に宛先や本文、添付ファイル内容などに間違いがないかのチェック作業を促すクライアントPC向けのスタンドアロン型ソフトウェア。

今回のアップデートでは、メール送信時の人的ミス軽減のための誤送信防止機能を大幅に強化した。具体的には、LDAP連携(Active Directory/OpenLDAP)機能により、組織に応じて柔軟に誤送信防止ルールが設定できるようになった。また、社外宛てのメール送信時には本文内容の再確認を促す等の誤送信防止強化機能が搭載された。また、Windows 10にも対応している。導入費用は、5ライセンスで27,000円(定価、税別、1年間保守費用込)から。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ゼロデイ攻撃やランサムウェアにも対応するエンドポイント新製品(ソフォス)

    ゼロデイ攻撃やランサムウェアにも対応するエンドポイント新製品(ソフォス)

  2. 社内のファイル管理に特化した「FinalCode」の機能限定版を提供開始(デジタルアーツ)

    社内のファイル管理に特化した「FinalCode」の機能限定版を提供開始(デジタルアーツ)

  3. 標的型攻撃向けの特化型対策製品が22%で拡大、サービスも7.6%で成長(IDC Japan)

    標的型攻撃向けの特化型対策製品が22%で拡大、サービスも7.6%で成長(IDC Japan)

  4. 保護者がスマートフォンへの理解を深めるパンフレットを公開、Wi-Fiの危険性やセキュリティ対策についても解説(愛知県)

  5. 大学生・大学院生を対象にした無償のサイバーセキュリティ体験講座を開講(PwCコンサルティング)

  6. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  7. ドメイン名をランダム生成し続けるC&Cサーバを検知、RedSocks社製品の新版(ネットワールド)

  8. 金融機関の口座データとFinTechサービスをセキュアに連携(日立)

  9. 2017年版の個人向けセキュリティ製品を発表、クラウドで脅威を分析(マカフィー)

  10. 窃取されたログイン情報を利用したWebサービスでの不正取引やなりすましを検知(NRIセキュア)

  11. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  12. 仮想ブラウザとファイル無害化ソリューションを連携、自治体にも有効(アシスト、イーセクター)

  13. 「過去のエンドポイント保護は不要」、機械学習のマルウェア対策Cylance日本法人(Cylance)

  14. 「LINEモバイル」に「i-フィルター」を提供、ユーザは無料で利用可能(デジタルアーツ)

  15. サイトの閲覧を制限するPS4向けのWebセキュリティサービスを提供開始(トレンドマイクロ)

  16. 不快な言葉を含むコメントを除外できるツールを一般ユーザー向けにも開放(Instagram)

  17. インシデントレスポンスの自動化・効率化、およびインテリジェンスを提供(日本プルーフポイント)

  18. Linkedinでの情報流出を受け、一部ユーザーにパスワード変更を呼びかけ(Dropbox)

  19. 法人向けランサムウェア対策ツールを無償提供(カスペルスキー)

  20. 「KUSANAGI」搭載のWordPressホスティングを提供、WAFやSSL証明書も用意(NHNテコラス、プライム・ストラテジー)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×