2016.07.29(金)

手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 富士通研究所は26日、手のひら静脈などの生体情報をより安全に暗号鍵として利用できる技術を、新たに開発したことを発表した。これにより、鍵管理不要で、IDやパスワードなどの秘密情報を簡単に管理できるようになる見込みだ。

 指紋や虹彩を使った生体認証は、すでに個人利用端末の認証などに利用されているが、クラウドサービスなどネットワーク経由で利用する場合は、経路の安全性確保などに課題があった。同社では今回、暗号化/復号の際に、各々異なる乱数を用いて変換した生体情報を暗号鍵として利用する技術を開発。これにより、利用者の生体情報のみで秘密情報の暗号化/復号を行うことができ、暗号鍵の管理が不要となるという。

 誤り訂正符号を暗号化方式に応用。乱数は暗号化と復号のそれぞれで異なる値をシステムが無作為に決定し、これを用いることで秘密情報や生体情報を保護する。これにより、生体情報を用いた暗号化技術が、インターネットのクラウドサービスなどでも利用できることが期待される。

 今後同社では、高速化や対応情報の拡充などを進めるとともに、マイナンバー管理などへの適用を検討し、2017年度中の実用化を目指すとのこと。

クラウドサービスなどに生体認証を利用できる新技術、富士通研が開発

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

    WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

  2. 次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

    次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

  3. IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

    IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

  4. 「CipherCraft/Mail」新バージョン、人間工学に基づき誤送信を防止(NTTソフトウェア)

  5. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  6. メール無害化機能を搭載した「FortiMail」で自治体向けソリューション提供(フォーティネットジャパン)

  7. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  8. マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した本人確認ソリューションを提供開始(NTTデータ)

  9. 「ポケモンGO」先行配信された海外では詐欺、出会い勧誘例も

  10. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×