2016.07.25(月)

基幹系システムに特化したクラウドサービスを提供(CTC、SAPジャパン、Virtustream)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は10月9日、SAPジャパン株式会社(SAPジャパン)、米Virtustream社と共同で、基幹系システムの安定稼働に特化したクラウドサービス「CUVICmc2」の提供を2016年4月より開始すると発表した。同サービスは、SAPソリューションをはじめとする基幹系システムに特化したクラウドサービスで、システムの安定稼働とセキュリティに強みを持つVirtustream社のIaaS技術をベースに、CTCのデータセンターから提供するもの。

SAPソリューションについては、データベースのトランザクション処理と分析処理を統合したインメモリープラットフォーム「SAP HANA」や、次世代ERPソフトウェア「SAP S/4HANA」などの提供により、SAP ERPユーザのクラウド環境への移行を支援する。他のERPソリューションを利用したシステムに対しても安定的でセキュアな環境を提供するとしている。またVirtustream社の特許技術「μVM」により、アイドル時間を除いた課金体系を実現する。セキュリティについては、「Intel TXT」やポータルの二要素認証を含め、金融機関や政府など各業界で要求される規格に対応する。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

    32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  3. アライドテレシスのUTM&VPNルータに、ラックの「脅威情報リスト」を提供(ラック)

    アライドテレシスのUTM&VPNルータに、ラックの「脅威情報リスト」を提供(ラック)

  4. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  5. 「ポケモンGO」に関する注意喚起、ハッカーへの警戒や出会い系アプリに発展する危険性なども記載(NISC)

  6. サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

  7. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  8. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

  9. 専任IT管理者がいない中小企業向けに、UTMを中心としたワンストップサービス(リコー)

  10. ネットワーク構成図を自動生成、脆弱性による影響範囲なども付加し可視化(富士通システムズ・イースト)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×