基幹系システムに特化したクラウドサービスを提供(CTC、SAPジャパン、Virtustream)

2015年10月13日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
CUVICmc2の特徴の画像
CUVICmc2の特徴
CUVICmc2 IaaSメニューの画像
CUVICmc2 IaaSメニュー
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は10月9日、SAPジャパン株式会社(SAPジャパン)、米Virtustream社と共同で、基幹系システムの安定稼働に特化したクラウドサービス「CUVICmc2」の提供を2016年4月より開始すると発表した。同サービスは、SAPソリューションをはじめとする基幹系システムに特化したクラウドサービスで、システムの安定稼働とセキュリティに強みを持つVirtustream社のIaaS技術をベースに、CTCのデータセンターから提供するもの。

SAPソリューションについては、データベースのトランザクション処理と分析処理を統合したインメモリープラットフォーム「SAP HANA」や、次世代ERPソフトウェア「SAP S/4HANA」などの提供により、SAP ERPユーザのクラウド環境への移行を支援する。他のERPソリューションを利用したシステムに対しても安定的でセキュアな環境を提供するとしている。またVirtustream社の特許技術「μVM」により、アイドル時間を除いた課金体系を実現する。セキュリティについては、「Intel TXT」やポータルの二要素認証を含め、金融機関や政府など各業界で要求される規格に対応する。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
Lookoutの法人向けセキュリティを発売、MDMとの連携が特に有効(CTC、Lookout)

CTCは、米Lookout社と販売代理店契約を締結し、法人向けモバイルセキュリティソリューション「Lookout Mobile Threat Protection」の提供を同日より開始したと発表した。

icon
マイナンバーのシステム導入コンサルから保管業務までをトータルで提供(CTC)

CTCは、民間企業向けにシステム導入のコンサルティングからマイナンバーの保管業務までをトータルで支援する「民間企業向けのマイナンバー管理システム」を開始した。

icon
統合ID管理サービスの米Centrifyと代理店契約、クラウドSSOサービスを開始(CTC)

CTCは、企業向けに統合ID管理サービスを提供する米Centrify Corporationと販売代理店契約を締結し、シングルサインオンサービス「Centrify Identity Service」を7月1日より提供する。

icon
DDoS攻撃の可視化により、被害の発生前に対策する実証実験に成功(A10、SAP)

A10とSAPは、企業に対するDDoS攻撃をリアルタイムで可視化するソリューションの実証実験に成功したと発表した。

icon

日立とSAPジャパンは、スマートフォンやタブレット端末などスマートデバイスの管理ツールであるモバイル・デバイス・マネジメント(MDM)分野における協業について基本合意した。

icon

SAPジャパン株式会社は10月23日、アイデンティティ(ID)管理ソフトウェアの新製品「SAP NetWeaver Identity Management」の提供を同日より開始すると発表した。本製品は、さまざまなシステムとビジネスプロセス...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト