BIG-IP製品群のシステムソフトウェアをメジャーアップデート(F5)

2015年10月8日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
BIG-IP製品群のシステムソフトウェアをメジャーアップデート(F5)の画像
BIG-IP製品群のシステムソフトウェアをメジャーアップデート(F5)
F5ネットワークスジャパン合同会社(F5)は10月7日、アプリケーション デリバリ コントローラ(ADC)製品であるBIG-IP製品群のシステム ソフトウェアの最新メジャーリリース「BIG-IP 12.0」を発表、国内提供を正式に開始したと発表した。BIG-IPは、ネットワーク管理者がアプリケーションのスピードの速さ、高いセキュリティと可用性を保証するために必要なさまざまな機能を提供するもの。

最新版では、仮想アプライアンス モジュールが新たにMicrosoft Azureにも対応し、Azure Marketplaceでの提供も予定している。これにより、オンプレミスと統合されたシームレスな認証や、ハイブリッド環境におけるアプリケーション配信の最適化などを実現できるとしている。またセキュリティの強化として、シングルサインオン(SSO)のSAML対応を強化したほか、対応可能なDDoS攻撃ベクターの種類を100種類以上に拡大した。さらに、SSLの強化やHTTP/2への正式対応などが行われている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
[インタビュー]ネットワークセキュリティも「部分最適」ではなく、ソフトウェア制御による「全体最適」を考える時代に(F5ネットワークス)

日本市場におけるロードバランサーのシェア11年連続トップのF5ネットワークスジャパンは、ネットワークのアプリケーション層のソフトウェア制御事業に取り組んでいる。5月に代表取締役社長に就任した古舘正清氏に...

icon
入口対策の再構築、アプリケーションレイヤからセキュリティに取り組む意味(F5ネットワークス)

「アンチウイルスソフトは死んだ」と主張するセキュリティベンダが存在するように、昨今のセキュリティ対策は高度化する攻撃手法と、仮想化環境やクラウドプラットフォームなど、新しいコンピューティングスタイ...

icon
140万円を切るBIG-IPのエントリーモデル発表、日本の中小規模市場向け(F5ネットワークスジャパン)

F5ネットワークスジャパン株式会社は8月29日、都内で記者会見を開催し、同社ADC製品であるBIG-IPファミリに、日本市場向けの新しいエントリーモデル「BIG-IP 800」を追加したと発表した。

icon
【Interop 2013】端末の中を仮想的に分離し必要なアプリケーション、ビジネス領域のみを企業が管理(F5ネットワークス)

 F5ネットワークスは、同社のBYODソリューションをBYOD 2.0として紹介していた。

icon

F5ネットワークスジャパン株式会社(F5)は7月26日、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)をF5のソリューションパートナーと認め、Webアプリケーションセキュリティ分野における協業を開始すると発...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト