2016.07.25(月)

「メールディーラー」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性(ラック)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社ラックは5月12日、LAC Advisory No.119として「メールディーラーにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性」を発表した。同社サイバー・グリッド研究所/システムアセスメント部の山崎圭吾氏が発見したもので、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づいて同社からIPAに報告し、JPCERT/CCにより開発者との調整が行われた。

メールディーラー(Mail Dealer)は、株式会社ラクスが提供する、問い合わせ窓口などのメールを共有して一元管理するソフトウェア。そのバージョン11.2.1 およびそれ以前には、添付ファイルのファイル名の処理に起因する格納型のクロスサイトスクリプティングの脆弱性(CVE-2015-0915)が存在する。この脆弱性が悪用されると、悪意あるメールによって任意のスクリプトが実行され、結果として意図しないメールを送信されたり、他の無関係なメールを閲覧される可能性がある。対策方法として、最新版へアップデートを挙げている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

    位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  3. 「Android OS 4.1.2以前」にCRIME攻撃を受ける脆弱性(JVN)

    「Android OS 4.1.2以前」にCRIME攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  4. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  5. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  6. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  7. CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC)

  8. Javaに複数の脆弱性、早急な修正プログラムの適用を呼びかけ(IPA)

  9. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  10. 「WAONサービスアプリ」にSSLサーバ証明書検証不備の脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×