2016.06.01(水)

「FinalCode」新版、Android版の無料閲覧アプリを提供開始(デジタルアーツ)

経済社会 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は11月6日、企業・官公庁向けパスワード不要のファイル暗号化・追跡ソリューションの新バージョン「FinalCode Ver.4.2」と、Android端末で「FinalCode」で暗号化されたPDFファイルを閲覧できる専用の無料ビュワーアプリ「FinalCode Reader for Android」を同日より提供開始したと発表した。新バージョンでは、ユーザの要望を反映してユーザビリティを向上したほか、Enterprise版(オンプレミス版)では「FinalCode」サーバをAD/LDAPと連携を可能にし、管理の手間を削減した。

また、Enterprise版(オンプレミス版)のサーバは、これまでハイパーバイザー上に導入するバーチャルアプライアンスとして提供してきたが、新バージョンではAWS(Amazon Web Services)上に導入することも可能になった。無料ビュワーアプリ「FinalCode Reader for Android」は、「FinalCode」で暗号化されたPDFファイルを閲覧権限があればAndroid端末でも閲覧することが可能となる。これにより、ファイル内の機密情報のセキュリティを担保したまま、従業員の外出先や海外出張等におけるスマートフォンやタブレット端末での業務効率化や営業力の強化が図れるとしている。なお、Windows向けの「FinalCode Reader for Windows」も提供を開始した。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

経済社会 アクセスランキング

  1. 星澤氏を迎え新たにラボを設置、コンサルとインテリジェンスを提供(PwC)

    星澤氏を迎え新たにラボを設置、コンサルとインテリジェンスを提供(PwC)

  2. CPUレベルの脅威対策技術を開発するHyperwise社を買収(チェック・ポイント)

    CPUレベルの脅威対策技術を開発するHyperwise社を買収(チェック・ポイント)

  3. 指紋照合機搭載サーバ用ラック「YNRシリーズ」を発売(NTT-ME、ヤマト通信工業)

    指紋照合機搭載サーバ用ラック「YNRシリーズ」を発売(NTT-ME、ヤマト通信工業)

  4. ファイル暗号化・追跡ソリューションをIRM機能強化、海外使用も可能に(デジタルアーツ)

  5. セキュリティフライデーと提携、情報漏洩抑止ソリューションを発表(ELNISテクノロジーズ)

  6. 「gred AntiVirus アクセラレータ」がウイルス検知率向上に効果(セキュアブレイン)

  7. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  8. 新世代のスパイウェア駆除専用ソフト「スパイゼロ 2006」を発売(インターチャネル)

  9. 日本のTMT企業はセキュリティ予算が低い反面、個人情報保護に注力(トーマツ)

  10. Webサイトに埋め込んで表示する脆弱性情報ツール「icat」を公開(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×