2016.09.01(木)

ゲームを楽しみながらサイバー攻撃対策(シリアスゲームジャム実行委員会)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

シリアスゲームジャム実行委員会は6月28日と29日、「第2回シリアスゲームジャム Game Jam for Cyber Security Education」を都内で開催した。

「シリアスゲーム」は、娯楽ではなく、社会の課題解決を目的とするコンピューターゲームのことで、ゲームを通じて、教育研修や、社会問題の啓発及び理解促進を行う。「シリアスゲームジャム」は、テーマを設定して企画公募後コンペを行い、選ばれたグループが与えられた短い期間でゲーム開発を行い発表し、優秀なゲームを表彰するイベント。

第2回の今回は、日本大学、東京工科大学、防衛大学校、東京造形大学、早稲田大学、神奈川工科大学の50名弱の学生が参加した。

シリアスゲームジャム第1回では「英語教育」がテーマとなったが、第2回はコンピュータセキュリティの課題の中から、標的型攻撃で用いられるメールにどのように気づき対策するかがテーマに選ばれた。

ゲームジャム実施に先立つ5月11日、約60名の学生がサイバーセキュリティの専門家から標的型メール攻撃についてのレクチャを受けた後、合計42件集まった企画の中から選ばれた6本のシリアスゲームの企画が、6月28日、29日の2日間にわたって製作され、第2回シリアスゲームジャム協賛の株式会社ラックの会議室を会場として発表会が行われた。

発表された6本のゲームの中で、東京工科大学のチームが開発した牧場経営ゲーム「め~る牧場ものがたり」が最優秀賞に選ばれた。牧場主であるプレーヤーに届くメールを、牧場の山羊に食べさせることで動物を育成するのだが、うっかりしてウイルス感染メールや標的型攻撃メールを食べさせると、家畜の成長に悪影響が出てしまう。目的と対象の明確さが審査員に評価された。

実行委員長の、日本大学 生産工学部 教授 古市昌一氏は授賞式の高評として「ゲームを製作した皆さんがサイバー攻撃に対処する力を持ったことにも意義がある」と結んだ。


残り5本のゲームのタイトルとコンセプトは下記の通り。

「Security Growth」
美少女キャラクターを用いた、育成・恋愛シミュレーションゲーム。ウイルスに感染してしまうとせっかく築いた関係がスタートに戻る。優秀賞受賞。

「The マルチタスキング ~判断一瞬駆除数日」
会社員の業務を模した形式で、情報セキュリティのパズルを解く。敢闘賞受賞。

「セキュリティナイト」
パソコンをファンタジーの勇者に擬人化しがRPG。優秀賞受賞。

「成り上がり物語~サイバーセキュリティの知識でエラクなれました」
新入社員がセキュリティに関する知識を身に付け出世の階段を駆け上がる。

「TMP ~疑似出会い系サイト」
興味本位で登録してしまった悪質出会い系サイトから、さまざまな悪意のあるメールが届く。
《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

    Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

  2. 自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

    自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

  3. [レポート] セキュリティに賭するもの ~ インターポール 福森大喜氏 セキュリティ・キャンプ2016 特別講義

    [レポート] セキュリティに賭するもの ~ インターポール 福森大喜氏 セキュリティ・キャンプ2016 特別講義

  4. Black Hat USA 2016 , DEFCON 24 を 128 倍楽しむ方法

  5. プライバシーに配慮したセキュアな位置情報確認アプリを防災訓練の見える化に活用(サイバートラスト、ユビキタス)

  6. [インタビュー] 鵜飼裕司 今年の Black Hat USA 2016 注目 Briefings

  7. [DEF CON 22 レポート] binja DEFCON22 CTF参戦レポート

  8. [RSA Conference 2016 USA] EDR (Endpoint Detection and Response)とは? ~ タニウム社 チーフセキュリティアーキテクトに聞く

  9. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  10. 新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

  11. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  12. セキュリティ・キャンプの参加者51名が決定、最年少は15歳(IPA)

  13. CODE BLUE 第 3 回をふりかえって~ BLUE 篠田佳奈氏インタビュー

  14. Twitterから災害状況を地区別に要約する事を可能としたシステムを参考展示(NICT)

  15. [Black Hat USA 2014 レポート] 標的型攻撃実証ツールをBlack Hat USA 2014で公開、マクニカネットワークス セキュリティ研究センター 凌研究員

  16. デロイト流「なんちゃってCSIRT」再生3つのアプローチ

  17. CODE BLUE 2015 セッションレポート 第1回 「21世紀の途上国にならないために ~ シンギュラリティがやってくる (神戸大学名誉教授 松田 卓也 氏) 」

  18. 「違法」なSuica事件を「消費者不安」にすりかえる報道に問題提起

  19. 決勝戦はプラハ、セキュリティ人材育成コンテスト優勝者に教育資金1万ドル(カスペルスキー)

  20. [DEF CON 23] 正しい標的型攻撃メール訓練の運用法、ソーシャルエンジニアリングの国際的権威クリス・ハドナジーに聞く

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×