2016.07.30(土)

目立つFW依存の対策、侵入されると44%のシステムが攻撃に無防備(NRIセキュア)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は6月28日、2010年度に提供した情報セキュリティ対策サービスを通じて得たデータから「サイバーセキュリティ:傾向分析レポート2011」をまとめ、発表した。レポートによると、プラットフォーム診断の結果から、インターネットからの脅威に対し、ファイアウォールに大きく依存した対策を行っているシステムが多く、サーバ単体で見ると44%のシステムでは即座に攻撃可能な問題が存在していることが明らかになった。Webアプリケーション診断の結果からは、いまだに31%のWebサイトで重要情報を奪取可能などの重大な問題が存在することを確認している。特にWebアプリケーション診断の受診経験がない企業が運営するWebサイトにおいては、40%のWebサイトに重大な問題が存在しており、企業間の情報セキュリティ「格差」が存在するとしている。

またマネージドセキュリティサービスで管理するウイルスチェックサーバのログから、Webアクセス時にマルウェアを検出したURLのドメインの30%が.jpドメインのWebサイトであることを確認しているが、その中には国内の上場企業が保有するドメインが散見された。さらに、3月11日に発生した東日本大震災前後の企業内の従業員によるWebアクセスから、業務外利用でのWebアクセスが大半を占めている可能性がうかがえた。明らかに業務上不要なWebサイトへのアクセスは禁止し、判断が難しいWebサイトへのアクセスは許可しつつ、そのログを詳細に取得することを情報漏えいにつながる内部犯行の対策として挙げている。
(吉澤亨史)

http://www.nri-secure.co.jp/news/2011/0628.html
《ScanNetSecurity》

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

    Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  2. 「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

    「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

  3. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

    Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  4. 26%が最高デジタルリスク責任者(CDRO)を指名、独立した予算を設けるべき(BTジャパン)

  5. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  6. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  7. ランサムウェアは効果的として攻撃者が手口を先鋭化--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  8. 複数の標的型攻撃の相関分析により、攻撃手口や攻撃者の目的に迫る(IPA)

  9. 日本企業の平均セキュリティ投資額は2.1億円でグローバルの半分(PwC)

  10. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×