7月の脅威傾向を発表、ウイルス、PUPともに傾向は変わらず(マカフィー)

2009年8月28日(金) 15時30分
このエントリーをはてなブックマークに追加
 マカフィー株式会社は8月28日、2009年7月のネットワーク脅威の状況を発表した。7月のウイルスの状況では、脅威の傾向は先月から変わっていない。外部メディア経由で感染するオンラインゲームのパスワードスティーラーや、「Gumblar」をはじめとするWeb経由の脆弱性攻撃がトップ10にランクインしている。また、「Generic FakeAlert!htm」に見られるように偽セキュリティソフトウェアの感染報告も多く寄せられた。「W32/Conficker」については、従来通りマシン別、ファイル数でランクインしているが、企業別でみると件数はさほど多くなく、対策を施していない一部の企業でアウトブレークしている様子がうかがえる。

 同社により7月に検知されたウイルスは、会社数では1位が「Generic!atr」(1,446件)、2位が「Generic PWS.ak」(850件)、3位が「Obfuscated Script.f.gen」(639件)となっている。検知データ数では、1位が「W32/Conficker.worm.gen.a」(262,249件)、2位が「W32/Conficker.worm!job」(101,459件)、3位が「W32/Conficker.worm.gen.b」(60,100件)、検知マシン数では、1位が「Generic!atr」(5,015台)、2位が「W32/Conficker.worm!job」(3,839台)、3位が「W32/Conficker.worm.gen.a」(3,579台)であった。PUPでは、会社数では1位が「Generic PUP.x」(2,224件)、2位が「Adware-OptServe」(1,262件)、3位が「Generic PUP.d」(1,038件)となっている。検知データ数では、1位が「Generic PUP.x」(93,387件)、2位が「Adware-OptServe」(70,466件)、3位が「Generic PUP.d」(40,656件)検知マシン数では、1位が「Generic PUP.x」(4,745台)、2位が「Adware-OptServe」(2,163台)、3位が「Generic PUP.z」(2,142台)であった。


http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_09b.asp?pr=09/08/27-1
《ScanNetSecurity》
  • メールマガジン Scan PREMIUM のご購入

    ・重要なおしらせ:2つのメルマガを2015年6月1日に統合しました

    ・2015年5月1日以降にお申し込みいただいた方は「有料メルマガ読者様へのおしらせ」に記載した
    「【4-d】配信期間は半年または一年延長します」、および、「5. 料金は値上しますが、現会員は
    現料金を生涯据え置きます」の各項目の対象となりません


    ・バックナンバー閲覧請求は、決済画面にある「売り手への特別な指示を追加」欄にURLをご記載下さい
    ・申込時の、PayPal登録メールアドレスと、メルマガ配信希望アドレスが異なる場合は、決済画面にある
    「売り手への特別な指示を追加」欄にメールアドレスをご記載下さい
    ・個人ライセンスの領収書は発行しません
    ・銀行振込は銀行振り込みによる商品購入専用ページからお申し込み下さい
    その他お問合せ


    メールマガジン Scan PREMIUM 【個人】 年間購読ライセンス [14,400円(税抜)]
    利用規約及び個人情報の取り扱いについて同意のうえご購入下さい

    メールマガジン Scan PREMIUM 【法人】 年間購読ライセンス [144,000円(税抜)]
    利用規約及び個人情報の取り扱いについて同意のうえご購入下さい


  • 【PR】
  • 【PR】
RSS

特集・連載

ピックアップフォト